ロレックスを買取ってもらうときのチェックポイント

ロレックスを買取ってもらう時って、どういうところをチェックして買取額が決められていくのかって気になりますよね。

それに、査定基準って、お店によって違うわけですけど、大枠はある程度決まっているんだと思います。

僕が知る限り、ロレックスを買い取ってもらうときに鑑定士がチェックするときって大体次のようなポイントを見ていると思います。

まず、鑑定するロレックスのモデルの買取相場です。定価やデザイン、色や文字盤といった部分です。あとはどれくらいの希少性があるかってことだと思います。

買い取る方としては、それをどこかで売るわけです。単なるコレクションではないので、売れるかどうか需要があるかどうかっていうのが大事ですからね。

で、次にロレックスの状態を見ます。製造年や傷の有無、故障具合とか。あとは付属品や箱、保証書があるかどうかっていうのも確認しますよね。

他には意外と見落とされがちなんですけど、売る側として知っておくといいのは、いつのタイミングで売るのかってことです。要するに売るタイミングです。というのは、為替の状況とかで価格は変動します。もちろん売却時が円安か円高なのかっていうのも影響してきます。

その辺のリサーチしておくと高額買取につながりますよね。

それとブームの度合いも大事です。
ロレックスなら、デイトナ、サブマリーナ、エクスプローラー、GMTマスターといったモデルごとで人気度が違うし、どの色の需要があるかとか、どのデザインとか文字盤の色とかによっても、需要の度合いが違ってきます。

だから、まずはその辺を見ています。で、それから具体的に売れる程度のものなのかを見ていくわけです。状態、傷、新品か中古品か、付属品、箱、保証書などです。

 

もちろん、人気の高いロレックスのモデルなら高値で売れますからね。
それと時代によって人気に違いがあります。最近では、色がシルバーよりもゴールドに人気があるとか文字盤は大きいものとか、そういうのは時代によって違います。

まぁ、チェックされる部分というのは大体同じだと思いますが、問題は、減額の具合とかは、まちまちなので、その辺は実際に査定してもらわないとわからないと思います。

 

ただ、基本的なチェック項目は理解しておかないと鑑定以前に買取を断れられるようなことにもなりかねませんからね。

基本を抑えた上でどこで査定してもらうのがいいのかをかんがえなくちゃいけないですからね。